不動産購入の考え方

不動産購入の考え方

 不動産を購入するというと、一気に気持ちが硬くなるのではないでしょうか。日本人は先行きに不安を抱えやすい民族だと言われています。その傾向がよく現れているお話です。

しかしながら、最近では不動産価格も安くなっています。たとえば、地域によっては中古マンションであれば1千万円程度で変えることもあります。ローンを組めば月額3万円程度の返済でも購入できるのです。3万円と言うと現在の家賃より安はずですよね。それで憧れのマイホームが購入できるのです。

不動産購入という言葉に臆することなく、現実を冷静に受け止めれば不動産購入もそれほど難しくはありません。いまの家賃を払い続けるのとどちらが得かという点からも不動産購入を考えてみてはいかがでしょうか。

私たち家族が不動産を購入した理由

 夫婦2人と子供1人の私たち家族が不動産を購入した一番の理由は、拠り所が欲しかったからだと言っても過言ではありません。

それまでは賃貸のアパートを借りて住んでいましたが、賃貸住宅はどんなに家賃を支払い続けても自分たちの拠点にはなりません。これから子供がどんどん成長していくことも考えると、早めに不動産物件を購入してしまった方が有意義であると判断したのです。

不動産購入に踏み切れない方の多くは住宅ローンの返済が不安だと感じているかもしれません。私たち家族も最初はそうでした。ところが、実際にローンの返済シミュレーションをしてみると現在の家賃とほとんど変わらない返済額で購入できることが分かりました。家賃と変わらないのなら、払い続けることで自分たちの資産になる不動産物件を購入してしまった方が気が楽です。

不動産というとどうしても身構えてしまう方も多いですが、一度住宅販売会社で相談してみると意外と不動産購入の敷居は低いと感じるかもしれません。

Calendar