震災後の不動産投資

震災後の不動産投資

震災の後に、とくに人気の高まった不動産投資があります。それが、ポートフォリオでの不動産投資です。

この不動産投資のポートフォリオというのは、簡単にいうと、いくつかの不動産をセットにして、ひとつの投資対象として商品にしているものです。ひとつの不動産だけに対して投資をしていると、その不動産が何かのタイミングでダメになってしまうかもしれませんが、他が儲かっていれば、投資家は痛手を大きく負わずにすみます。震災で、ひとつの物件がまったくダメになってしまったというケースも多くありました。こういった場合のリスクヘッジとして、いくつもの不動産をまとめた形で投資ができる、不動産のポートフォリオという仕組みに、人気が集まってきているのだといえます。

不動産会社を選んだ際に決め手になったこと

私は東京郊外にマンションを購入したくて、不動産会社を探していました。

どの不動産会社も非常に熱心で、パンフレットを送ってくれたり、説明に来てくれたりしていました。

しかし、我が家では住みたいと思う地域が大体決まっていたので、その地元の不動産を中心に物件を探していました。

その中のある不動産会社はとてもキレイなオフィスで若い人が多かったのですが、担当者は地元の人でした。

暮らしに必要な情報、スーパーや学校、小児科といった施設のことをよく説明してくれて、とても好感のもてる担当者でした。

物件に関しても、家族世帯の我が家の為に周囲の環境のことやマンションの共有施設についてもとても細かく気を使って

説明してくれたのが決め手になりました。

細かいけれど押しつけがましくない、不動産会社選びのポイントはやはり担当者の好感度によるところが大きいです。


Calendar