競売不動産の特徴について

競売不動産の特徴について

不動産の中では、競売不動産というものがあります。これは、民事執行法に基づき、裁判所が公的に売却を実施している不動産のことをいいます。これは、もともとの不動産の持ち主であった人から、抵当権をもっている債権者が不動産を裁判所に売却し、その代金を借金の埋め合わせに充て、金融機関などが直接売却する手間がなく、裁判所に競売を任せた不動産のことをいいます。この競売不動産を購入しようとする場合、上記の民事執行法をはじめ、民法や建物区分所有法などの十分な知識がないと取得や所有を行う際に不都合が生じる場合があります。占有者からの引き渡しに関する知識なども持っておくべきであるといえます。しかし、それを熟知していれば、市価より安く不動産を入手することはできます。

 

不動産投資のフェアを開催していました

不動産投資をしたいと思って、不動産投資に関する勉強をしたいと思っていました。

そのため、インターネットで調べていたところ、あるサイトで、不動産投資のフェアを開催していました。

その不動産投資のフェアを見てみると、「2013年のおさえるべき不動産投資の常識」というテーマで、さまざまな講師陣が、投資家の体験をもとにした不動産投資のノウハウや、昨今の不動産投資のトレンドを熱く語りますということでした。

また、会場内のブースにおいては、金融機関による不動産投資の融資相談を受けることが出来、また不動産会社による非公開物件情報の提供も行なっていますということで、一日で有益な不動産投資の情報が得られる当イベントを是非ご活用くださいということでした。


Calendar