販売形態の紹介

販売形態の紹介

不動産投資と言えば、私の友達が投資用にマンションを購入して、そのマンションが値上がりして利益を出したって事があります。確かにその頃、そのマンション近辺が開発されてて土地も値上がりしそうだったんですけど、不動産投資とかでそんなに利益とか出せるのかなって思ってたら、その友人が出しましたので、びっくりしたのを覚えてます。

その友人はお金に余裕があって、もし値が下がっても自分で住むか、親戚に貸すかって言っていて、もし値が上がらなくても大丈夫という気持ちで投資していたようですから、そういう人の方が投資は向いているんだろうなって、むしろそういう風に投資するべきなのかも知れないなって思いました。

不動産投資は利益を出す事もありますが、当然その逆もあるわけですから、リスク管理をしっかり行って投資をする。そうすれば不動産投資は悪い投資にはなりません。もし投資として失敗しても、自分の住居として活用する、そのくらいの気持ちで行うと良いんじゃないかなって思います。

不動産オーナーの値下げの決断

 不動産オーナーとしては、賃料はできるだけ高くしておきたいものです。けれど、いつも高い値段を付けて不動産を貸し出しできるわけではありません。というのも、空室が続いてしまうと、収益という点でも大変なマイナスになってしまうからです。また、空室のある不動産というのは、どうしてもその印象も悪くなります。そうなると、不動産としての価値自体がどんどん落ちてしまうでしょう。そうなると、できるだけ早く空室を埋めたいと思うのが、不動産オーナーの切実な思いとなります。そのため、思い切って賃料の値下げに踏み切る不動産オーナーも増えているようです。こういった値下げは、特に不景気のときに増えますので、こういったタイミングを見計らってオフィスの引越を検討するテナントもいるようです。

Calendar